車両補償の範囲

車両補償の範囲

車両補償の補償範囲は、大きく「一般条件」と「車対車 限定補償」の2種類に区分されます。

 

具体的には、一般条件が全ての補償範囲を対象にしているのに対して、車対車の限定補償では、相手の車が存在するケースと、自然災害による損害に限定されることになります。

 

具体的には、車対車の限定補償では、他自動車との衝突事故と盗難による被害、そして火災や台風・洪水といった自然災害になります。

 

更には、落書きやいたずらといった人的な犯罪事故による損害、そして飛び石などの飛来や落下といった不可抗力による事故の損害までが補償範囲となります。

 

 

一般

これに対して、一般条件であれば、ハンドル操作ミスなどによって電柱に衝突をしたり、脱輪を起こしたりなどの単独事故について、補償が拡がることになります。

 

更には、自動車以外の自転車等の交通用具に衝突をことで、自分の車が損害を受けた場合にも補償がなされます。

 

そして、駐車中の当て逃げといった、相手が存在をしない事故に付いても、全般的に自分の車両の補償を受けられるのが、一般条件といえるでしょう。

 

なお、車両補償では台風や洪水による自然災害については補償範囲となりますが、地震や噴火・津波といった災害に対しては補償の範囲外となりますので注意が必要です。

 

 

車両

因みに、車両補償はリスクが高いことから保険料率が高くなってしまいますが、一般条件と車対車の限定補償を対比してみると、保険料におよそ2倍の差があります。

 

保険料が高いことから車両補償は任意付帯となりますが、必要性に応じて補償を付帯することが大切となります。