車両保険金額の設定

車両保険金額の設定

所有する愛車を事故のリスクから守るのが、自動車保険の車両補償になります。

 

車両帯する際には、設定金額の適正化がとても大切です。

 

なお、車両補償には次の3種類の価額が用いられます。

 

まず保険価額とは、その損害が生じた時における契約自動車の価額を指します。

 

契約

従って、契約自動車と同じ車種で同じ年式、更に同じ消耗度の車両において、市場の販売価格で算出を致します。

 

次に、協定保険価額とは、保険契約者と保険会社が自動車保険契約を取り交わした際に、協定をした価額を指します。

 

従って、契約締結時における、同じ車種同じ年式、更に同じ消耗度の車両における市場販売価格が参照されることになります。

 

そして最後に、車両保険金額とは、保険会社から支払われる保険金額を指しています。

 

限度額が車両保険金額

保険金が支払われる事故が生じた際に、支払う保険金の最高額もしくは限度額が車両保険金額となります。

 

一般には、保険契約時に締結をした協定保険価額が、車両保険金額の最高額、若しくは限度額となります。

 

自動車動車保険の車両補償を付帯する際には、契約自動車の市場販売価格を参照にしながら、適正な車両金額を設定しなければ、万が一の際にトラブルの原因となります。

 

こうしたトラブルを防ぐ為には、自動車保険を更新する度に、車両保険金額の適正化を図る必要があります。

 

例え、前年度と同じ車両であっても、その都度、市場販売価格の確認を行い、実態に則した車両保険金額に修正することが大切となります。