車両保険金額のトラブル

車両保険金額のトラブル

車両保険のトラブルとして多いのが、契約時の車両保険金額の確認が不足していた為に、実態に則さない保険価額が協定されているケースです。

 

特に、自動車保険の契約更改時に、車両保険金額の確認が不十分であった為に、深刻なトラブルを引き起こすことがあります。

 

例えば、契約車両の市場販売価格が50万円にも関わらず、車両保険金額の設定が200万円にもなっているケースです。

 

車両保険における保険金額は、更新毎に前年度から減価償却分を減額して、車両保険金額の決定を行います。

 

減額割合が小さかった為

しかし、この減額割合が小さかった為に、このような事態が引き起こしたと考えられます。

 

なお、このように実態よりも高い保険金額が掛けられていた場合は、無駄な保険料を支払っていたことになります。

 

これとは逆に、実態よりも低い車両保険金額が掛けられているケースもあります。

 

ほどの例で言えば、市場販売価格が200万円にも関わらず、車両保険金額として50万円しか掛けられていないようなケースです。

 

全損事故を引き起こした際

この場合では、万が一全損事故を引き起こした際には、車両保険金額の50万円しか補償されなくなり、充分な補償を受けられません。

 

残念ながら、万が一の際に充分な補償を受けられないのであれば、車両保険を掛けていた意味を失くしてしまいます。

 

トラブルのようなトラブルを防ぐ為にも、自動車保険更改時に車両保険金額の適正化を行うことが重要になります。

 

因みに、保険期間中の契約自動車の価額を予め協定をすることで、全損時には協定した価額を保険金として支払われる為に安心できます。