自動車保険料の引き上げ理由

自動車保険料の引き上げ理由

近年、任意自動車保険の保険料において、引き上げ傾向が続いております。

 

各保険会社間で、保険料を引き上げるタイミングは異なっても、段階的に引き上げが続いており、契約者にとっては事故も引き起こしていないのに、年々保険料が高くなることへの不満も大きくなっています。

 

このように、任意自動車保険において引き上げ傾向が続く背景には、いくつかの要因が言われています。

 

まず、超高齢化社会を迎えている日本では、車を運転する人の高齢化も進んでいます。

 

高齢者が引き起こす交通事故

自動車の性能が高まることで、自動車事故による死亡者数は減少傾向にありますが、高齢者が引き起こす交通事故は増加傾向にあります。

 

しかし、高齢者の多くは自動車保険の加入期間が長いことから、若い人と比較して保険料が低く設定されています。

 

自動車自動車保険料の割引率の高い高齢者において、事故率が上昇することが、保険会社の自動車保険事業の採算に影響を及ぼしているといえます。

 

これに対比しているのが、一般に保険料に割増しが掛けられる若年層の自動車保険加入の減少問題が、自動車保険事業を更に苦しくしています。

 

保険料率

その他にも、保険料率の低い軽自動車の普及も、自動車保険事業に大きな影響を及ぼしています。

 

長引く不況や燃料の高騰問題から、少しでも燃費効率が高く、税金面など維持費の安い軽自動車に乗り換えようとする流れがあります。

 

保険会社側にすると、保険料率の低い軽自動車だからといって、事故の発生比率が低い訳でないことが問題になっています。