自動車保険の中断特則

自動車保険の中断特則

契約車両を廃車や譲渡もしくは返還をした場合には、

 

自動車保険車両補償の範囲を10年間まで中断しておくことが可能です。

 

因みに、廃車とは自動車の所有者が抹消登録などの申請によって、自動車を滅失させることを指し、譲渡とは自動車の所有権を第三者に譲り渡すことを言います。

 

返還とは1年以上の期間に渡り貸借契約によって借り入れていたリースカーを返還する手続きを指します。

 

このように、中断特則を利用して中断処理をするメリットは、これまでの割引等級が、中断後に継承される点にあります。

 

中断特側を利用できる理由


中断特側を利用できる理由には、この他にも、車検切れであったり盗難や災害による滅失、又は海外への留学や転勤などによって、国内での自動車の使用が一時的に途切れる場合に適用されます。

 

なお、中断証明証の発行が可能な時期は、中断日の翌日から起算して13ヶ月以内であり、13ヶ月を超えた場合は発行の受付は原則、不可能となります。

 

また、中断特則を利用する際に準備すべき書類には、中断証明書と自動車保険証券以外に、確認資料と呼ばれるものが必要となります。

 

この確認資料については、契約自動車の車種と、中断特側を利用する理由によって異なって来ることから、その都度確認が必要となります。

 

中断証明書の提出

なお、中断後の新規契約の際には、中断証明書の提出が求められます。

 

中断が可能な期間は、最長10年間と長期に渡ることから、中断証明書の紛失には充分に気をつけなければなりません。

 

もしも、中断証明書を紛失した場合は、中断証明書発行依頼書を再提出することで再発行が可能です。