弁護士費用特約について

弁護士費用特約について

自動車同士の事故であれば、お互いに過失責任の割合が問われることになり、示談交渉が長引いてしまう要因にもなります。

 

特に、女性の場合は相手から居丈高に出て来られるケースも少なくありません。

 

また、過失割合の高い側に限って、謝罪や誠意が見られないばかりか、示談交渉に応じようとしない人もいます。

 

まして、事故自体もうやむやにしようとする、悪質なドライバーも存在いたします。

 

弁護士費用や相談料

このように、非協力的な態度を繰り返されて一向に交渉が進まなければ、並みならない労力と精神的疲労が加わってしまいます。

 

そして、裁判沙汰にまで発展することも、視野に入れなくてはならなくなります。

 

そこで、自動車事故などによって被保険者が怪我を負ったり、自らの財物が壊されたりしたことで、相手に損害賠償請求をする際には、弁護士費用や相談料などが発生することになります。

 

こうした弁護士費用や相談料を、自動車保険から支払ってもらえるのが、弁護士費用特約と呼ばれるものです。

 

弁護士

なお、弁護士の相談費用や裁判にまで発展した場合の弁護士費用などは、1事故あたりで支払われる保険金には、限度額が定められています。

 

また、弁護士費用特約を付帯していることで、万が一の際に、保険会社から交通事故に詳しい弁護士を紹介してもらえるサービスも付帯しています。

 

因みに、配偶者もしくは同居する親族のいずれかが所有する自動車の保険に、同じく弁護士費用特約を付帯していると、補償の重複となりますので、加入前には補償内容をチェックすることが大切です。