対物修理差額費用特約にポイント

対物修理差額費用特約にポイント

自動車走行中における財物への賠償に備えるのが、対物賠償責任補償になります。

 

この対物賠償責任補償の中で、付帯の必要性が高いものに「対物修理差額費用特約」と呼ばれるものがあります。

 

財物に対する賠償は、その対象物によって大変高額な賠償に発展することが考えられることから、対物賠償責任補償の保険金額は無制限に設定するのが通例となっています。

 

但し、この保険金額を無制限に設定したからといっても、対象物が自動車の場合には、時価額までしか保険金が支払われない点に留意が必要です。

 

自動車が年式の古い車の場合にトラブル

例えば、信号で停車中の車に後方から衝突をしてしまった時、衝突した相手の自動車が年式の古い車の場合にトラブルが生じます。

 

万が一、相手の自動車の時価額が限りなくゼロに近い場合、保険金額の査定が出来なくなってしまいます。

 

しかし、時価額がゼロに近い自動車であっても、修理に費用が発生する場合には、その費用に対する損害を賠償しなければなりません。

 

このように、相手の自動車の時価額よりも、修理費用の方が高いケースでは、対物賠償責任補償での補償では不足が生じてしまうことになります。

 

 

対物

そこで、役に立つのが「対物修理差額費用特約」と呼ばれる特約になります。

 

一般に、この特約を対物賠償責任補償に付帯しておくと、時価額と修理代金の差額50万円までが、保険金として支払われることになります。

 

賠償事故の場合には、相手との示談交渉をスムーズに進める為にも、余計なトラブルを回避する備えが必要となります。