対人賠償責任補償の保険金

対人賠償責任補償の保険金

対人賠償責任補償において保険金が支払われるには、一定の条件が必要です。

 

まずは、契約自動車の所有もしくは使用・管理に起因する事故で無ければありません。

 

また、他人の生命もしくは身体に害する事故であって、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担するケースに限られます。

 

更に、対人賠償責任補償は自賠責保険の支払額を超える部分について保険金を支払う保険であることから、賠償責任の損害額が自賠責保険等の支払額を超過していることも条件となります。

 

対人

 

そこで、対人賠償責任補償の保険金が支払われないケースも、チェックしておかなければなりません。

 

まず、保険契約者もしくは記名被保険者の故意による損害は補償の対象外です。

 

因みに、免許運転や悪質な飲酒運転等で賠償責任が発生をした場合は、被害者救済の観点から保険金は支払われます。

 

また、契約車両を他人が運転をしていたケースで、運転者に賠償責任の支払い能力が欠如しているケースでも、被害者救済の観点から保険金は支払われます。

 

保険金の支払い対象外

その他では、台風・洪水・高潮・地震・噴火・津波といった自然災害であったり、戦争や暴動といった行為による損害では、保険金の支払い対象外となります。

 

気をつけなければならないのが、被害者と加害者の関係です。

 

被害者が記名被保険者もしくは契約自動車を運転中の父母・配偶者もしくはその子どものように、身内の場合には保険金の支払い対象外となります。

 

これは身内による保険金詐欺を防ぐ為ことを目的としています。