対人賠償責任補償について

対人賠償責任補償について

被保険者が契約自動車の事故で、他人を死傷させたり法律上の損害賠償責任を負担する場合に補償されるのが、自動車保険の対人賠償責任補償になります。

 

但し、対人賠償責任補償で支払われる保険金額は、自賠責保険の支払額を超過する部分になります。

 

ここで保険の対象となる被保険者とは、契約自動車を主に使用している記名被保険者と、その配偶者及び同居の親族、更には、記名被保険者又はその配偶者の別居の未婚の子になります

 

従って、家元を離れて大学に通う子どもが、実家に帰省した際に契約自動車を運転して事故を起こしたとしても、補償の範囲内となります。

 

記名被保険者の承諾

また専用運転手のように、記名被保険者の承諾を得て契約自動車を管理している者も保険の対象になります。

 

そして、対人賠償責任補償で支払われる保険金額は、5000万円〜無制限(2億円超)の範囲内で設定が可能です。

 

但し、自動車事故において最も高額の賠償責任が発生するのが対人事故であることから、通常は無制限で設定を行います。

 

例えば、死亡賠償や高額な医療費だけでなく、事故に合わなければ得ていた生涯利益への補償、精神的な苦痛への慰謝料、後遺障害が残った場合は将来に必要となる介護料など、様々な賠償が生じることになるからです。

 

数億円の損害賠償額を請求

過去の賠償事例を見ても、有名なスポーツ選手やピアニストなどが、事故で腕を失くしてしまったことで、数億円の損害賠償額を請求されたことがあります。

 

従って、対人賠償責任補償として保険会社が無制限で補償をする意義は、とても重要なものといえます