個人賠償責任特約について

個人賠償責任特約について

 

自動車保険に付帯可能な特約の中で、最も利用価値の高い特約といえるのが、個人賠償責任特約と呼ばれるものです。

 

この個人賠償責任特約は、日本国内において生じた偶然な事故で、被保険者が他人を死傷させたり他の財物に損害を与えたりした場合、法律上の損害賠償責任を負った時に保険金が支払われることになります。

 

従って、自動車の運転中や乗車中に関係なく、広範囲に渡って賠償責任の補償を受けられる特約となります。

 

例えば、自宅の前で遊んでいた小さな子どもが、近所の家の車を傷つけてしまったり、自転車に乗り始めた子どもが、お年寄りとぶつかってケガを負わせてしまった場合など、特に小さなお子様がいる家庭では便利な特約といえるでしょう。

 

 

個人

また、この個人賠償責任特約の補償範囲は、自動車保険の記名被保険者とその配偶者、また同居の親族と別居の未婚の子まで広い範囲になります。

 

従って、自宅にある1台の車の自動車保険に、この個人賠償責任特約付帯しておくだけで、同居する家族全員が補償されることになります。

 

但し、業務遂行に直接起因するような賠償責任であったり、故意に人を殴ったり物を壊したことで生じた賠償責任は対象外となります。

 

また、この個人賠償責任特約の大きな特徴が、無制限の賠償補償が付帯できる上に、保険会社による示談交渉サービスが受けられる点です。

 

 

些細

些細なキッカケによる事故であっても、大きな賠償額を求められるケースがあります。

 

更に、賠償問題は示談を取り交わすのが難しいことから、示談交渉サービスはとても有益なものといえるでしょう。