他車運転特約について

他車運転特約について

一般に自動車保険に自動付帯されている特約の中で、特に便利なものが他車運転特約といわれるものです。

 

これは記名被保険者又はその家族が、契約する自動車以外の自動車を運転中に起こした事故に対しても、保険金が支払われる特約を指します。

 

例えば、友達から借りていた自動車で事故を起こした場合には、契約の自動車とみなして、契約内容に従い所定の保険金が支払われる特約になります。

 

また、この特約においても被保険者となりえるのは、記名被保険者とその配偶者、同居の家族、そして別居の未婚の子どもになります。

 

 

契約

契約者が特約の存在に気付いていないケースも多くありますが、旅先で車を借用する際などにも便利な特約といえます。

 

なお、他車運転特約で補償される範囲は、対人賠償責任補償と対物賠償責任補償の賠償部分に限定されます。

 

従って、自分の身体の被った損害については、自分の自動車保険契約の人身傷害補償で補償する必要があります。

 

万が一、人身傷害補償の補償範囲を、契約者だけに絞り込んでいると補償はされなくなります。

 

 

同様

同様に車両補償についても、自分の自動車に掛けられている保険契約に車両補償が付帯されており、支払可能な事故に限り補償が可能となります。

 

従って、他人の自動車を借りて運転をする機会が多い人は、人身傷害補償と車両補償の範囲について、充分に注意をしておく必要があります。

 

因みに、他車運転特約で補償される対象車は、自家用8車種に限られています。

 

保険者が業務の為に使用している自動車を運転した場合などは、保険金の支払い対象外となります。