人身傷害補償の範囲

人身傷害補償の範囲

自動車車事故で被保険者などが身体に傷害を被ることによって、被保険者やその父母・配偶者、子どもが被る損害に対して支払われるのが、人身傷害補償の保険金になります。

 

人身害補償の最大の特徴といえるのが、その補償範囲の広さにあるといえます。

 

一般に、自動車保険の人身傷害補償の範囲は、2通りから選択することになります。

 

それは、一般補償と補償範囲を契約自動車に搭乗中の事故に限定したものになります。

 

自動車に搭乗中の事故

 

一般補償では、契約自動車への搭乗中に加えて、他の自動車に搭乗中の事故についても補償がされます。

 

ここで述べられる他の自動車とは、記名被保険者もしくはその配偶者、又は同居の親族が所有する自動車以外を指しています。

 

例えば、友達の自動車を借りて事故を起こしたケースであったり、友達の運転する車に同乗をしていて事故に巻き込まれた際、身体に傷害を被った損害について補償されることになります。

 

しかし、自分が所有するセカンドカーなどは対象外となります。

 

一般補償

また、一般補償では歩行中に車と衝突をしたケースであったり、自転車に乗車している時に、車と衝突した事故などの損害についても補償の範囲となります。

 

なお注意が必要なのは、歩行中や自転車乗車中に、自動車以外の交通乗用具との事故は対象外となります。

 

また、多くの保険会社では車に搭乗をしていなくても、通り魔のような暴力事件に巻き込まれて損害を被った際にも、一般補償の設定であれば補償の範囲内となります。