人身傷害補償の保険金

人身傷害補償の保険金

人身傷害補償で支払われる保険金の範囲も、治療に伴う実費だけではありません。

 

例えば、入院や通院に要した費用に加えて、働けない間の休業損害であったり、精神的な苦痛に対する損害にも保険金が算出されます。

 

更に、万が一自動車事故によって、後遺障害を被ってしまった場合には、将来に必要となる介護料も補償の範囲となります。

 

また、万が一自動車事故で亡くなった場合には、葬儀に掛かる費用も人身傷害補償の範囲となります。

 

人身傷害の保険金

但し、支払われる人身傷害の保険金は、契約時の保険金額が最高額となりますので注意しなければなりません。

 

このように保険金の対象が拡大する人身傷害補償の特徴として、過失分への補償があります。

 

自動車事故においては、相手との過失割合について、保険金額が支払われるのが一般的です。

 

従って、人身傷害補償が無ければ、治療費などの損害額の中で、自分の過失分は自己負担となってしまいます。

 

人身傷害補償

もしも、自己負担額が支払えない為に、充分な治療が受けられないのであれば問題です。

 

そこで、人身傷害補償があることで、自分自身の過失分も補償を受けられ、安心して運転することが出来ます。

 

たとえ、相手がいない単独事故であっても、自分の過失分も補償されるので安心です。

 

また、事故の相手が無保険であった為に、相手から過失分が支払われないケースも考えられます。

 

このようなケースにおいても、自分の人身傷害保険金と相手の過失分の合計が、実損害額を限度として補償を受けることが出来ます。