人身傷害補償について

人身傷害補償について

近年の自動車は、エアバックの標準装備化であったり、シートベルト装着の義務化などによって、死亡に至る事故は減少傾向にあります。

 

しかし、その反面では、ドライバーの高齢化に伴って、事故件数は増加傾向にすらあります。

 

このように、被保険者が自動車事故により死亡したり、身体に後遺障害又は傷害を被ったりした場合に、保険会社が定める算定基準に基づいて保険金が支払われるのが、人身傷害補償と呼ばれるものになります。

 

この人身傷害補償の特徴といえるのが、保険の対象となる被保険者の範囲の広さにあります。

 

契約

契約する自動車を運転するドライバーは、記名被保険者とその配偶者、そして同居の親族や別居の未婚の子どもにまで補償されています。

 

当然ながら、契約自動車に同乗をしていた全ての人も、補償の対象となります。

 

従って、同乗者は家族だけでなく、友人や知人であっても補償の対象となります。

 

また、人身傷害補償の保険金額は、被保険者1名につき3000万円〜無制限(2億円超)の範囲で設定することが可能です。

 

対人

対人や対物に対する賠償責任の補償については、保険金額を無制限にすることが一般的となりますが、自分自身の補償についてはそこまで高額の補償を付帯する人は少数派となります。

 

多くの保険契約者は、生命保険等への加入もしていることから、万が一の自動車事故による補償は重複することになるからです。

 

それでも、日常から他人を乗せる機会が多い人は、人身傷害補償の保険金も高額に設定しておくと安心です。